顧客も社員も笑顔になる!自社にピッタリな「サブスク」を構築できる!

”会澤式”サブスクビジネス構築法

顧客がファンになり、愛され続ける会社になる「”会澤式”高収益サブスクモデル構築法」をご紹介します。

◎「サブスク」とは?

「サブスク」は「サブスクリプション」の略で、「月額継続課金」や「定期購入」のビジネスモデルのことです。有名どころでは「アマゾンプライム」などのITサービス系や「生命保険」「学習塾」などが代表的な例です。意外と身近にサブスクは存在しているのです。また、昨今では「モノ」「コト」問わず、様々な業種・商材で「サブスク」を見るようになりました。
ただし、中小企業や小規模企業では「サブスク」を構築するノウハウが不足しているからなのか、大半の中小企業では「収益性の高いサブスクモデル」はまだまだ少ないのが現状です(2021年9月現在)。

◎中小企業こそ「サブスク」をやるべき3つの理由

プロの経営コンサルタントから見ると「中小企業こそサブスクを導入すべき」なのです。その理由を挙げていきたいと思います。サブスクは、基本的には”どの業種”でも導入できます。一見、サブスクとは縁のなさそうな業種でも、顧客への視点や考え方を変えることで魅力的なサブスクを実現することは可能です。

■理由その1:先々の収益やキャッシュフローを見通せる

従来型の「1回こっきりの売り切り型」のビジネスモデルの場合、「いつか来客数が減るのではないか」「平均単価がどうなるんだろう」など、この先に不安を抱えた状態で経営をすることになります。

これだと、この先を見越して「人財採用」に力を入れたり、思い切って「設備投資」をしたり、「会社全体の販売ミックス(自社の複数の商品の販売構成割合)」から営業戦略を意思決定したりといった「先手の経営判断」をするのに常に不安がつきまといます。

その点「サブスク」を導入すると、会員数の継続率などから先々の「収益の見通し」や「キャッシュフローの見通し」が容易になるので、安心して「先手の経営判断」を打てるようになり、会社の成長スピードをアップすることができるようになります。

■理由その2:常に「顧客」との関係を考えるようになる

「売上」は会社の中からは1円も発生しません。常に「社外」、つまり「顧客」からしか発生しません。

こう言うと「なんだ?そんなの当たり前では?」と大半の人が思うことでしょう。でも、待って下さい。経営者であるあなたは、日夜「顧客の声」「顧客の困りごと」「顧客の欲求」と本当に向き合っていますか?もっと「顧客」との関係性を深めて、顧客が自社のファンになってもらえる取り組みをしていますか?継続できていますか?

多くの中小企業では、答えは「NO」です。まだまだ顧客との最適な関係性を築ける方法があるかもしれないのに、そこまで掘り下げられていないのが現状でしょう。

その点「サブスク」は、月額継続課金なので常に「顧客」のことを考えるようになります。「顧客」のことを考えるから、もっとより良い顧客との関係性を目指すようになり、会社にも顧客にもハッピーな関係を構築できるようになります。

■理由その3:社員の意識が前向きになる

中小企業で優秀な人財を採用するのは簡単ではありません。優秀な人財は条件のいい大手企業に採られてしまうからです。

そうすると中小企業が社員の質を高めるには社内で「教育」を行う必要がありますが、「サブスク」は社員教育にも前向きなモチベーションをもたらします。

「社員」は”自分たちの存在意義”や”やり甲斐”にとても敏感です。自分の会社が顧客から愛され感謝されているとわかると、社員の意識は劇的に前向きになっていきます。

「サブスク」の企画や運営にヤル気のある社員を巻き込むと、「顧客にもっと満足してもらおう」「もっとこんなことはできないか」など様々なアイデアが生まれ、イキイキと働き始めます。

中小企業が社員の質を高める上でも、「サブスク」は社内を劇的に変えるパワーを持っているのです。

◎「サブスク導入」で起こる経営の変革7STEP

「サブスク」を導入することは、単に”収益モデルの多様化”に留まりません。「サブスク」を導入することで、この先会社が「顧客」からどういう存在として見てもらうのか、という「会社の在り方」をあらためて定義する絶好の機会を生み出します。サブスク導入の目的を明確にして、会社の将来ビジョンを言語化することで、「何のためにサブスクをやるのか」という理由が明確になり、全社員がそれを共有することで会社は大きく前向きに成長を始めていきます。どんな目的で、どんなことを狙って「サブスク」を導入するのか、会社の在り方からこれからの事業戦略までをこの機会にしっかり考えていきましょう。

■STEP1:会社の未来を深く考える

私が実際に「サブスク構築講座」や「サブスク構築コンサル」を行うと、参加者やクライアントはこぞって「顧客のことをここまで深く考えてこなかった」「もっと真摯に顧客と向き合う必要性を痛感しました」といった声を聞きます。

これだと、この先を見越して「人財採用」に力を入れたり、思い切って「設備投資」をしたり、「会社全体の販売ミックス(自社の複数の商品の販売構成割合)」から営業戦略を意思決定したりといった「先手の経営判断」をするのに常に不安がつきまといます。

その点「サブスク」を導入すると、会員数の継続率などから先々の「収益の見通し」や「キャッシュフローの見通し」が容易になるので、安心して「先手の経営判断」を打てるようになり、会社の成長スピードをアップすることができるようになります。

■STEP2:社員の意識が変わる

「売上」は会社の中からは1円も発生しません。常に「社外」、つまり「顧客」からしか発生しません。

こう言うと「なんだ?そんなの当たり前では?」と大半の人が思うことでしょう。でも、待って下さい。経営者であるあなたは、日夜「顧客の声」「顧客の困りごと」「顧客の欲求」と本当に向き合っていますか?もっと「顧客」との関係性を深めて、顧客が自社のファンになってもらえる取り組みをしていますか?継続できていますか?

多くの中小企業では、答えは「NO」です。まだまだ顧客との最適な関係性を築ける方法があるかもしれないのに、そこまで掘り下げられていないのが現状でしょう。

その点「サブスク」は、月額継続課金なので常に「顧客」のことを考えるようになります。「顧客」のことを考えるから、もっとより良い顧客との関係性を目指すようになり、会社にも顧客にもハッピーな関係を構築できるようになります。

■STEP3:真の顧客への継続的な価値提供の仕組みをつくる

中小企業で優秀な人財を採用するのは簡単ではありません。優秀な人財は条件のいい大手企業に採られてしまうからです。

そうすると中小企業が社員の質を高めるには社内で「教育」を行う必要がありますが、「サブスク」は社員教育にも前向きなモチベーションをもたらします。

「社員」は”自分たちの存在意義”や”やり甲斐”にとても敏感です。自分の会社が顧客から愛され感謝されているとわかると、社員の意識は劇的に前向きになっていきます。

「サブスク」の企画や運営にヤル気のある社員を巻き込むと、「顧客にもっと満足してもらおう」「もっとこんなことはできないか」など様々なアイデアが生まれ、イキイキと働き始めます。

中小企業が社員の質を高める上でも、「サブスク」は社内を劇的に変えるパワーを持っているのです。

■STEP4:事業計画をつくる

中小企業で優秀な人財を採用するのは簡単ではありません。優秀な人財は条件のいい大手企業に採られてしまうからです。

そうすると中小企業が社員の質を高めるには社内で「教育」を行う必要がありますが、「サブスク」は社員教育にも前向きなモチベーションをもたらします。

「社員」は”自分たちの存在意義”や”やり甲斐”にとても敏感です。自分の会社が顧客から愛され感謝されているとわかると、社員の意識は劇的に前向きになっていきます。

「サブスク」の企画や運営にヤル気のある社員を巻き込むと、「顧客にもっと満足してもらおう」「もっとこんなことはできないか」など様々なアイデアが生まれ、イキイキと働き始めます。

中小企業が社員の質を高める上でも、「サブスク」は社内を劇的に変えるパワーを持っているのです。

■STEP5:供給態勢と業務プロセスを改善する

中小企業で優秀な人財を採用するのは簡単ではありません。優秀な人財は条件のいい大手企業に採られてしまうからです。

そうすると中小企業が社員の質を高めるには社内で「教育」を行う必要がありますが、「サブスク」は社員教育にも前向きなモチベーションをもたらします。

「社員」は”自分たちの存在意義”や”やり甲斐”にとても敏感です。自分の会社が顧客から愛され感謝されているとわかると、社員の意識は劇的に前向きになっていきます。

「サブスク」の企画や運営にヤル気のある社員を巻き込むと、「顧客にもっと満足してもらおう」「もっとこんなことはできないか」など様々なアイデアが生まれ、イキイキと働き始めます。

中小企業が社員の質を高める上でも、「サブスク」は社内を劇的に変えるパワーを持っているのです。

■STEP6:コミュニケーションの仕組みを確立する

中小企業で優秀な人財を採用するのは簡単ではありません。優秀な人財は条件のいい大手企業に採られてしまうからです。

そうすると中小企業が社員の質を高めるには社内で「教育」を行う必要がありますが、「サブスク」は社員教育にも前向きなモチベーションをもたらします。

「社員」は”自分たちの存在意義”や”やり甲斐”にとても敏感です。自分の会社が顧客から愛され感謝されているとわかると、社員の意識は劇的に前向きになっていきます。

「サブスク」の企画や運営にヤル気のある社員を巻き込むと、「顧客にもっと満足してもらおう」「もっとこんなことはできないか」など様々なアイデアが生まれ、イキイキと働き始めます。

中小企業が社員の質を高める上でも、「サブスク」は社内を劇的に変えるパワーを持っているのです。

■STEP7:改善PDCAを回す

中小企業で優秀な人財を採用するのは簡単ではありません。優秀な人財は条件のいい大手企業に採られてしまうからです。

そうすると中小企業が社員の質を高めるには社内で「教育」を行う必要がありますが、「サブスク」は社員教育にも前向きなモチベーションをもたらします。

「社員」は”自分たちの存在意義”や”やり甲斐”にとても敏感です。自分の会社が顧客から愛され感謝されているとわかると、社員の意識は劇的に前向きになっていきます。

「サブスク」の企画や運営にヤル気のある社員を巻き込むと、「顧客にもっと満足してもらおう」「もっとこんなことはできないか」など様々なアイデアが生まれ、イキイキと働き始めます。

中小企業が社員の質を高める上でも、「サブスク」は社内を劇的に変えるパワーを持っているのです。