「戦略MQ会計」導入支援

「戦略MQ会計」の中小企業導入の流れ

中小企業に、これまで損益管理に使われていた管理会計に替えて「戦略MQ会計」の導入を支援しました。
そもそも、「MQ会計」のことを知らない経営者はまだまだ大勢います。
そこで、まずは「MQ会計とは何なのか?」「MQ会計を導入するとどんなメリットがあるのか?」「MQ会計導入で経営がどう改善できるのか?」などの基本的なことから経営者や社員の皆さんに理解してもらうところから始まります。
そうすると次には、「ウチの会社でも導入・運用できるのか?」「社員も理解できるものなのか?」「数字の測定方法は?」「数字を測定して何がわかるようになるのか?」「経営計画にどう使えばいいか?」「指標管理にどう使えばいいか?」など、次々と浮かんでくる疑問を解消します。
「戦略MQ会計」の本質を理解して運用できるようになるには「継続的な教育」が不可欠です。そのため、基本的には年間契約で毎月企業研修を行い、経営者も社員も全員が継続して学んでいきます。

導入実績

中小企業の運送業(東京都・年商約30億円)
「業績不振からの脱却」と「幹部候補の所長クラスの育成」の相談を受け「社員研修の年間契約」を受託。毎月1回、社員研修で「MQ会計」の講義やワークを継続して開催。幹部候補生たちの意識や考え方が経営者レベルに成長。考え方が変われば行動が変わる。行動が変われば結果も変わる。業績不振からの脱却に成功した1つの要因になりました。