Loading
【損害保険代理店様向け】法人生保営業研修プログラム

【損害保険代理店様向け】法人生保営業研修プログラム

法人生保販売の苦手な損保代理店様の悩みを解決する研修プログラム

損害保険会社の研修生を経て生命保険の営業に取り組んでいる保険代理店の営業マン、そしてその代理店の経営者の共通の悩み事は「生保を売れるようになりたい」「営業マンに保険を売れるようにさせたい」ということでしょう。また、一方では個人客ばかりで法人営業に不慣れな営業マンの悩み事は「法人の保険を売れるようになりたい」ということではないでしょうか。
本研修の「法人生保営業研修プログラム」では、主に法人損保で顧客を持つ営業マンに法人生保の営業力を強化する研修をメインにトレーニングします。このメソッドは当事務所のFPが師事している伝説的な法人生保のトップ営業マン直伝で、法人生保の最高峰の営業メソッドと言われている営業ノウハウを惜しげもなく教えます。

決算書は宝の山。その価値に気づいていますか?

個人生保中心の営業マンは比較的紹介営業を好むことは有名ですが、法人生保営業マンのトップレベルの営業マンにもなると決算書を読み解くスキルをある程度身につけている人も目にします。決算書は企業の財務状況を把握する最適な資料で、決算書を見れば今の経営状態が丸裸となります。また、さらに財務に詳しくなってくると、経営課題が見えてきて、課題の抽出やアドバイスまでできるようになってきます。法人損保の営業では、決算書の損益計算書(P/L)を入手して売上高を基礎に保険料を算出する保険商品も含まれることから常に目にする書類ですが、これを読み解くことができることで比較にならないほど営業力が強化されることに気づいていない営業マンや代理店経営者の方も少なくないのではないでしょうか。

顧客企業の決算書を読み解く継続貢献コンサル営業の極意

本研修では、生保はもちろん企業財務にも不慣れな損保営業マンが無理なく法人生保を販売できる営業メソッドを構築します。メソッド面では、損保契約で入手している決算書の読み解き方、そこから見えてくる問題点・経営課題の抽出、その問題点を経営者にわかりやすくアドバイスして企業経営に貢献し、解決策として生保提案をするという基本的な流れをマスターします。財務知識は専門性の高さよりも生保営業に必要な部分にフォーカスして指導します。また、「営業マンのあるべき姿=継続貢献営業」の考え方や「提供価値の向上」といった営業マンが目指すべき本質的成功に関する学びも得られます。
決算書分析や銀行格付けといった財務分野は一般的には損保営業マンが得意ではないと思われますが、本研修を担当するのは法人損保のエキスパートにして法人生保、財務に明るいFPです。損保営業マン特有の特徴を熟知している講師が研修を行います。

PAGE TOP